名古屋でフリーランスのエンジニアになる

名古屋でフリーランスとしてエンジニアのスキルを活用していこうと考える場合には、いくつかの要素を持てるように事前に意識して環境から組み立てていくことが重要です。
まず、自分の特色となるスキルをきちんと持てるようにすることがポイントとなります。具体的には会社の内製で済ませられないオリジナリティの高いものや極めて高いピンポイントの技術などです。常駐させるよりも臨時にしたほうが会社としては取り回しやすいものならば、案件辺りの料金も高めに設定できて有効です。
元々の勤務先や取引先、スキルを活用するであろう業界にある程度の人脈を持てるようにすることも大切です。漫然と仕事が入ってくるという事はありませんので、仕事を回してもらえるようなネットワークをきちんと持ってから独立していくことが、出だしをスムーズにするためには必要不可欠なのです。特にポートフォリオやそれまでの実績などが良く理解されているのならば仕事として紹介される案件も自分に向いているものが多くなり、信頼関係がきちんと結ばれていれば無理な注文を避けることにも繋がります。
つまり勝手がわかっている取引先を持った状態を作るのが第一条件であり、スキルは予め積み上げてフリーランスになってからも発展できるものを選択しておくことが望ましいのです。拠点となる仕事場なども重要な要素ですが、前述の条件について整えたうえでそれに合わせて選べば必要十分であると考える事も可能です。
フリーランスが活躍しやすい時代だからこそ、しっかり準備を整えた上で地元名古屋でのエンジニアライフを送りたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です